本当にそれでいいのか、と思うような出来事

ドラマの中では弁護士は正義を貫き、正しいことを主張する職業として描かれていますが、実際には違うんだなと思うことがあります。
実際の事件の裁判では検事側の言い分が正しいだろう、と思うようなことでも被告代理人の弁護士はかなり苦しい言い訳をしていることがあります。
子どもを殺めておきながら、育った環境が複雑だったので仕方がなかった、とか殺意はなかったとか言い訳をします。
それが被告の利益を守ることになるんだと思いますが、何か間違っているような気がするのです。

結局、被害者の味方になれるのは検事しかいないのかな、と思います。
裁判官も浮世離れをしている人が多いので、特にハラスメントトラブルに関しては嫌だったら辞めればいいのに、で片づけてしまう人が多いそうです。
問題はそこではないのに、トンチンカンな判決を出す裁判官もたくさんいます。

弁護士は被告を守って罪を軽くして、その後再犯を犯しても罰せられない、ということが間違いなのかもしれません。キレイモ 全身