30年代からの昆虫採集。クワガタといったカブトを追い求めてます。

あたしは、30歳の時から昆虫コレクションにはまっています。小学校のときは、夏休みのラジオ体操後に近所の森をめぐってカブトムシやクワガタムシを探していましたが、その後は大の昆虫嫌いになってしまっていました。
ただし、30歳になったある日、子と共に昆虫コレクションに行ったことがきっかけで、童心に返って(?)、好みになりました。
昨年は、オオクワガタを探しに、都内から遠距離山梨県内まで行きました。5年間で依然1匹も採ったことがなかったのですが、その日、ようやく探り当てることができ、帰りに子供って2太陽だけでお祝いの焼肉を食べたことが思い出されます。
最近は、希少なランキングも店で簡単に買うこともできますが、いよいよ昆虫コレクションの面白みは、森の中に分け入って、自分の力で採集することだと思います。
昆虫コレクションの季節は夏季がメインで、終日、森や林の中を駆け回りますので、こういう5時でとってもスタミナがつきました。活動手薄になり傾向だった私も、すっかり元気体質に。今夏も子と共にたくさんのカブトやクワガタを採るべく、にっこりしながら今から設営をしているところです。話題の熊には注意したいだところです。ミュゼ 申し込み期間